加藤けんいち

誠実、信頼、そして、希望

小田原の力を信じて 新たなる一歩を

耕作放棄地の開拓に多くの仲間と汗を流し、大学等で若者たちに講義を重ね、多くの人たちと語り合った、市長退任後の3年半。一市民としての実践に取り組みながらも、支えて頂いた市民の皆さんのこと、苦労を共にした市職員の皆さんのこと、市政を取り巻く諸々の課題、そしてこのまちのゆくえを、案じなかった日は一日たりともありません。

人口減少、少子高齢化、地域コミュニティの弱まり、社会インフラの老朽化、地域経済の衰退、貧困や格差の拡大、公共部門の財政悪化…そうした課題群が、より深刻化しながら私たちを取り囲んでいます。こんな時こそ「人にとっての幸せ」「社会の本当の豊かさ」に思いをいたし、危機感をバネに「持続可能でゆたかな社会」へ歩みを進める機でもあります。

多彩な地域資源や豊富な人材など、極めて恵まれた可能性をもつ小田原は、本来、この国が直面するそうした危機を乗り越え、誰もが安心して暮らせるモデルとなるべき都市です。しかし残念ながら、市民や職員と手を携え、「推譲」と「一円融合」の心で、共に課題解決に汗を流そうとする気概を、現市政から感じることはできません。

今、小田原市政が取り戻すべきものは、誠実と信頼、そして希望です。

「歴史の峠」を踏み越え、確かな未来へと続く道を皆さんと共に拓くべく、大地に立ち、人の力を信じ、持てる力の全てを注ぐ決意です。

外より"内"、国より"あなた"を見ている

あちこちで生きている!市長時代のシゴト

加藤けんいち

加藤けんいち

1964年、小田原生まれ。中学2年生までに両親を失うも、小田原高校、京都大学法学部を卒業。

経営戦略、教育、農業、林業、漁業、商業など、様々な現場に携わるかたわら、災害ボランティアや市民活動にも積極的に取り組む。

2008年小田原市長に初当選、以後3期12年を務め、2020年に退任。

現在は、自給農をベースに、耕作放棄地を開拓してのワイン葡萄や有機レモンの栽培、4つの大学等での講師、広域でのネットワークづくりなどに取り組み、汗をかく。

誠実に生き、人を、地域を、信頼する。そうすれば未来は私たちの予想を超えて良くなる。
誠実と信頼の結果、それが希望だ。

#加藤けんいち#加藤憲一#小田原#小田原市#おだわらを拓く力#ひらく力
...

人の力を信じよう。
市民や市職員の力を信じれば、小田原の力は、二倍にも、三倍にもなる。

市長経験者としての実感。

#加藤けんいち#加藤憲一#小田原#小田原市#おだわらを拓く力#ひらく力
...

執行部の取り組みに
議会からストップがかからない
小田原市政。

声なき声に耳を傾ける
<やさしい政治>を取り戻したい。

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
#おだわらを拓く力
#ひらく力
...

街に出て声を聴く
なにより大切にしていること

会いに行きます!
会いに来てください!

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
#おだわらを拓く力
#ひらく力
...

主権者は市民。
目の前の困りごとを<自分ごと>に。
行政は全力でアシスト。
市民と行政は大切な車の両輪。

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
...

喜びと共に
苦しいプロセスも
分かち合う。
 
シンプルだけど
それが本当の
共生社会なのだ。

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
#おだわらを拓く力
#ひらく力
...

FMヨコハマ
fmyokohama847_official
「ちょうどいいラジオ」
に出演しました

ワインプロジェクトや
小田原のことを
DJ光邦さんとお話ししました

1月24日  
1月31日
8:10頃からです

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
...

「震災、自給」

 昨日から冬型気圧配置が強まり、北風が強く、だいぶ冷えています。立教大学でのゼミを終えて帰途に就いた池袋のまちに吹き抜ける風はとても冷たく、ホームで列車を待ちながら、日本海側では大雪になっているだろうと被災地を案じていました。

 明日は1994年1月17日から29年目を迎えます。延べ20日ほど現地で活動する中で見てきた阪神淡路大震災の被災の現場。倒壊し潰れてしまった無数の建物、そして、焼け野原になってしまった神戸市長田区、なすすべなく避難所で身を寄せ合う住民の皆さん・・・。報道映像を通じてしか接することができていない能登半島地震の被災地の様子は、当時の阪神の状況と完全に重なって見えます。そして、被災のダメージとその長期化は、阪神のときよりも深刻であろうと思われます。

 農林水産業が地域に根付いている能登半島であっても、被災後数日間で自給的な避難生活が限界に達し、外部からの救援物資がなければ生存できなくなるという事実は、生きていく上で不可欠な食料やエネルギーをいかに私たちが地域外に依存しているかを示しています。他地域に比べ自給力が高くコミュニティの絆が強い能登であったから、まだ数日は頑張れたというべきで、これが都市部であったら立ちどころにお手上げとなるでしょう。
 コロナ禍で各国が貿易を閉じかけたとき、マスクやワクチンの供給に支障がでましたが、幸い食料やエネルギーの輸入途絶には至りませんでした。しかしウクライナへのロシア侵攻に伴い、穀物の商流の途絶、天然ガスの供給網の停止などで、食とエネルギーの危機がにわかにリアルな現実となっています。食料自給率は40%を下回り、エネルギーに至っては10%を切る日本は、今は世界から資源を輸入することで国民の暮らしと経済を保っていますが、ひとたび広域での災害や、国際的な情勢の悪化によって、過酷な事態に直面するリスクと常に隣り合わせであることを考えれば、能登の状況は誰もが自分事として受け止めねばならないと思っています。

#加藤けんいち
#加藤憲一
#小田原
#小田原市
#おだわらを拓く力
#ひらく力
...